英会話勉強のイロハ

英語は英語で理解する

英会話をする際に気をつけたいポイントとしては、英語を日本語で理解しようとしない。ということでしょう。

 

英語を日本語に訳し理解し、日本語で考え、日本語を英語に翻訳して表現するというのと、英語で理解し英語で考え英語で伝えるというのでは、まったく違うものになります。

 

無駄もそうですし、英語で考え英語で話すほうがはるかに楽です。これはよく言われる話で日本語に訳さず英語のまま理解するというのは理想ではありますが、慣れないとなかなか難しいです。

 

ですが、英会話において英語で理解するのはとても大切なことです。始めは無理でも慣れるように意識的に努めていきましょう。

 

 

単語の暗記はイメージで

単語を覚える際にお勧めなのがイメージで単語を覚える作戦です。赤ちゃんが言葉を覚えるようにして、単語を覚えてみるという事です。

 

例えばvaccinationという単語の意味を調べる時にインターネットの画像検索で調べてみましょう。すると赤ちゃんや子供に注射をしている写真がたくさん出てきます。何かの予防接種でも受けてるのかな…と感づけたなら大成功です。単語を映像として捉えた方が文字だけより記憶に残る事が出来ます。今の時代はインターネットで簡単に検索出来るので、ぜひ試してみて下さい。

 

英語で理解を早めるためにも瞬間的に単語が頭に入ってくるのが理想的です。こういったイメージ暗記も大切にしながら取り組んでいきましょう。

 

 

英会話では恐れない

英語でコミュニケーションを取ることは、日本人にとって勇気が必要なことです。ついつい上手く言えないとか、文法が間違ってないかとか、発音がおかしくないか、とか気にする日本人も少なくないのです。

 

しかし、英語圏で普通にネイティブの英語を話してる人間は、例えば英語を母国語としていない日本人のような人たちが英語を話す場合、発音が違っていたり文法が不自然だった場合でも、そのようなことは織り込み済みの場合も少なくないのです。

 

日本人が長らく習得してきた学校での英語教育は、どうしても正しい文法とか正しい発音・発音について厳格にならざるを得ないという強制力がありました。それは一理あるのですが、それ故に日本人が英語でコミュニケーションを取ることに躊躇するようになったのも事実です。

 

もっと気軽に、失敗を恐れずにネイティブの人と英語でコミュニケーションを取っていいのです。