英会話勉強のイロハ

英語における発音の大切さの理由を考えよう

 

英会話学習において発音の優先度はどちらかというと低いかもしれません。英語はコミュニケーションがゴールなので、お互い意思疎通ができれば問題ないので、発音の綺麗さははじめのうちがは気にするよりも、経験を積んだ方がいいのは間違いありません。

 

英会話自体に慣れてから、もうワンステップ英会話でスキルを上げるためにも、発音には気をつけていきましょう。実際、発音が良いと好印象を得られるからです。また、好印象だけでなく、相手に安心感も与えられるので信頼度も得やすいのです。

 

特に、ビジネスで英会話を使おうと考えてるのであれば発音を無視してはいけません。

 

■発音記号の大切さ

発音ですが、これは地味に単語を覚える時には発音記号に注意して発音しながら覚えること。発音記号の読み方を知らない人が多いので、辞書などに載ってる発音記号の読み方を覚えましょう。

 

また、一つの単語の発音記号が出来るようになれば、文章における流れにも意識をおきましょう。例でいうと棒読みになったりしないように、英会話の抑揚を身に付けるとより綺麗に聞こえます。

 

そのレベルを習得するにはまずは単語での発音記号をきちんと読めないと進めません。

 

日本人とすぐにバレるような英会話発音でも構わないといえば構わないのかもしれませんが、私は経験上、発音が良いことでメリットが多いので推奨してます。

 

留学経験もなく英会話スクールに通った経験もありませんが、英会話において通じなかったことはまずないです。それは地味ながら最初の段階で発音記号に意識をおいて学習した成果だと感じてます。発音記号を意識しながら、英語を学習するだけで、外国人からのあなたへの評価は格段にUPしますのでお試しください。