英会話勉強のイロハ

英語にとくかく慣れよう

日本人が英語が苦手といわれたり、下手だと煽られたりすることが多いです。英会話に取り組む人も実際多いですが、こういったことを鵜呑みにしたり、気にしたりすることはとてももったいないことです。

 

実際日本人は、英語が下手なのではなく、英語を使わないから慣れていないだけという表現の方が的を射ているでしょう。

 

 

英会話に理想的な環境

日本人の英語アレルギーは、なんといっても普段の生活の中で、英語を使っていないからでしょう。もしも、生活の中で使っているとしたら、直ぐにそのことを自然な形で覚えることができると感じます。

 

その証拠に、留学をした人は、向こうで必然的に英語を普段の生活の中で使うことになるので、その結果、英語を話すことが自然とできるようになるのです。

 

そのため、一番良いことは、留学などをして、英語を母国語として、使っている人の周りで生活をすることで、自然に学ぶことができるようになる環境です。ですが、そう思って実際に留学できる人はそうはいないでしょう。

 

環境としてはベストですが、それがベストチョイスとは限りません。

 

 

環境を整える

日本では幸いというか不幸かはわかりませんが、英語を使う機会はほとんどありません。ですが、英会話の勉強には、実践がなんといっても一番です。

 

であるならば、毎日英語に少しでも触れるか、海外の方と積極的に話していくか、英会話サービスなどを利用するしかありません。どれも日本にいながらできることではありますので、環境を整えましょう。

 

なによりも、英会話の経験とそれにともなう経験値を得られます。ケースバイケースや臨機応変に受け答えできるのは実際に使ってみてぶつかってみるしかありません。

 

環境を整えれば後は英語を勉強しようと構えた姿勢で行うことなく、無理なくなれ親しむことができるのです。それは、本当に不思議なことですが、直ぐに話すことができるようになります。また英語を苦手としている人でも、そのような環境の中にはいると、話せるようになります。