英会話勉強のイロハ

継続こそ英会話には必要

英会話の勉強法としては、いろいろと巷にあふれていますが、楽に英語が話せるようになったり、寝ておきたら英語がぺらぺらになっていた。なんてことはありえないことだけは事実でしょう。

 

何事も、継続と強い意志が大切です。諦めた時点で習得は厳しいと考えたほうがいいくらいです。それだけコツコツ勉強することは大切です。

 

 

英語の勉強を楽しむ工夫

とはいえ、勉強というのは楽しいものではないかもしれません。もちろん人にもよりますが、何時間も英語の勉強をするのには集中力も要りますし、目標がないとなかなかできるものではないでしょう。

 

なので、勉強の中にも自分の興味のあるものや楽しみながら勉強ができる。あるいは飽きずに勉強できるという工夫も大切です。

 

よく言われるのが、洋画や海外ドラマを見ることでしょう。最初は字幕有りで見ながら、シャドーイングをすることや気になったフレーズを言ってみるなどは単純に映画をみるだけでなく、英語の勉強にもなるのでおすすめです。

 

また、次に字幕なしで映画や海外ドラマを見ると結構頭の中に入ってきます。しかも物語が多いので、日常使う会話や英文・教科書には載っていない言い回し(あまりこればかりを勉強することはおすすめしませんが)を勉強できるのでお勧めです。

 

 

耳が鍛えられる

私はTOEIC650点ぐらいしかなかったんですが、この方法を使って勉強したところ点数が200点程上がりました。初心者やこれから英語を喋りたいと考えている人は、中学英語をすべてマスターしてから洋画や海外ドラマを見ることをお勧めします。

 

中学英語さえマスターすればわりと大体の英語は出来ると思います。また、留学するのも手だと思いますが、友人同士で行く等ではなく一人で行ったほうがいいと思います。友人同士で行くと、結局日本人同士でつるんでしまうので語学留学するなら一人で行ったほうが良いと思います。

 

そういった色々試行錯誤して英語に触れることが大切だと思います。勉強を勉強と思わずに工夫して英語に触れていくことは、英語の習得において大切なことだと、個人的にも感じていますし、思っています。

 

何事も諦めずに工夫しながら勉強をがんばってみましょう。